2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫スレのなかのお勧め

VIP板やパー速、あるいはやる夫板で、『やる夫が~ようです』というタイトルの
啓蒙スレが数多く立ております。

その中で今回お勧めしたいのが、
やる夫が舞台俳優を目指すようです』です。

その1
その2
その3

演劇が主体となっておりますが、物語創作に通じる描写が多く、
非常に参考になりました。

こういう面白すぎる話が多過ぎるので、やる夫シリーズからは 
目を離せません。


----

個人的に、好きな箇所を抜粋します。
かなりはしょってますのでご注意をば。

(続きは↓をクリック願います) 場面1

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   
    /   ///(__人__)/// \    
     |   u.   `Y⌒y'´    | 
      \       ゙ー ′  ,/     
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

やる夫は派遣村の村人だけど
現実逃避とは違う形で、スッキリしたんだお

ゲームやアニメとは少し違うドキドキ感を感じて
少し希望が湧いたんだお

          ____
        /      \  
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \
     |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/     
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

そのくせ、芝居の内容はよくわからなかったんだお。
「元気だそうお」みたいな内容でもなかったお。

それなのに元気が出たのが不思議で仕方ないんだお。


           ` ー== ――/` ―― .、
           ,.: ¨´: : : : : /:.|: : : : : : : : : :` 、
         /: : : : : : :': : :/: /` : : : : \: : : : : .:\
        //: : : : : /: : .:i|:./.| '.: : : : : :ヘ: : : : : : : ヽ
      /イ: : : : : : :/: : :.:/|:' |  '.: : i : : : ∨: : :\: : :〉=y‐..、
     '’//: : : : : :斗-:.:'/ |  |  ':. :ト: ̄`卞、: : : ヽ:.:!:::ヽ:::::::7
     〈:::::': : : : l ´: :|: : /.     |   Ⅵ ヽ: : レ :` : : :∨::::::::`、′
      Y: :/: : :l: : : |:.斗ぇzx  |   リ zェ≧廴_: : : : :V::::::::::::〉
.      |:./{:.: : |: : :弋 __ノⅥ`     イ__ノⅥ¨ツ`: : |: :|:::::::/
.      |ハ | : : |:.: :|  VK:::イ       !ん:::j〃〉:.: .:Ⅳ:::::/  
        `|: : ハ:. :ヘ  込zソ       込zソ  ∧:.:/:レi`ハ
         Ⅳ: |:. :|__       '       / ,∨: |:.|i: :|
         |: : .:ヽ:.|:∧ :::     -    ::: /.7´: : : /: |l: :|
         |:. :.__|:.: l_ >-  _   _  -<_/: : : : /: : |!: |

それに関しては私が教えてあげるわ


          ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、   
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉  
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´   
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|     
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|     
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `㍉|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
        j:.:|:.:| λ/  ||  ,ィ: ://'"´  /  |::| |:|

要するに、やる夫は今まで日常に慣れすぎていたの。

それはそれで、生きていくことに必要なんだけど、
それはある意味では社会の部品になってしまうことだと思うの。



           ` ー== ――/` ―― .、
           ,.: ¨´: : : : : /:.|: : : : : : : : : :` 、
         /: : : : : : :': : :/: /` : : : : \: : : : : .:\
        //: : : : : /: : .:i|:./.| '.: : : : : :ヘ: : : : : : : ヽ
      /イ: : : : : : :/: : :.:/|:' |  '.: : i : : : ∨: : :\: : :〉=y‐..、
     '’//: : : : : :斗-:.:'/ |  |  ':. :ト: ̄`卞、: : : ヽ:.:!:::ヽ:::::::7
     〈:::::': : : : l ´: :|: : /.     |   Ⅵ ヽ: : レ :` : : :∨::::::::`、′
      Y: :/: : :l: : : |:.斗ぇzx  |   リ zェ≧廴_: : : : :V::::::::::::〉
.      |:./{:.: : |: : :弋 __ノⅥ`     イ__ノⅥ¨ツ`: : |: :|:::::::/
.      |ハ | : : |:.: :|  VK:::イ       !ん:::j〃〉:.: .:Ⅳ:::::/  
        `|: : ハ:. :ヘ  込zソ       込zソ  ∧:.:/: 
         |: : .:ヽ:.|:∧ :::     -    ::: /.7´: : : /: |l: :|     
         |:. :.__|:.: l_ >-  _   _  -<_/: : : : /: : |!: |
         |: : : |` ,.-! |:.:.:.:.:.|   ̄  |:.:.:./: : : :,:イ: : : |: :'
         y´ヽ Y ∧、V:.:.:.ヘヽ _ ' /:.:./: : : :/} |: : : :∨
        〈 、` /  j ト、 \:.:.:.、  /:.:.ィ: : /  .|/: : : : .:l
         >‐′イ/ k {\ \:ヽ //,イ:.:/ / V:.l: : :l.:|

そんな中、あんたは私たちの舞台を見た。

想像していた演劇と違ったこと、舞台に慣れてないこと、
いろんな理由が重なって、あんたを「非日常」のエネルギーが包み込んだのよ。

          ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、   
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉  
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´   
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|     
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|     
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `㍉|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
        j:.:|:.:| λ/  ||  ,ィ: ://'"´  /  |::| |:|

そしてそれは、あんたが生きてきて
使い慣れてる回路とは違う回路を刺激した。

それが、あなたの自己矛盾やもやもやを
洗い流したの。それが「カタルシス」


                     /{    ‐-;、
                    ___ヽ::`---'V::<
                   ,.-‐`:::......::. .::::::ヽヽ
               ゝ-‐彡"::::::::::,,,::::::: . .:: . ::::ヽ
                 ̄/::::ィ::lヽ:::::://:;ィ::;::::::‐≧-
                  ̄フ::::::l、/= ヘ:{/ = ソ:::::≦≠-
                 / イ:;{`   _'_ ノィ/::::l/
                      l:ハゝ、     ノ'!:/ 
                .┌--'  ヽi` - イ/''──┐
                  .l     ( ゝ_,イ   )   l
                    |     ̄ ̄TTT ̄    |   
                 | __ _ __ 」 l l __ __ |
                ./|                .ト、
                ../ |                   .| .\
              /  l   G U N D A M .ト、   \

そして、カタルシスはもう一度「日常」で生きていく糧となる。

それがギリシャ以来、本来の演劇や芸術の役割だ。



----

ここら辺は演劇でも小説でも、ノベマスでも全く同じですね。

いえむしろ演劇が、芸能の最長老ですので
理論化の面では他の追随を許さないです。

----

場面2


           ,  "´
           / /
          / /          /
     -=三 /       / /   |  l
           //      / /    ハ |
    ー=ニ ィ     / ィ      /  ヘ|
         /  l |/´ ̄. ハ   /  / / ,l l |
           ' |. l | ヽ トヽ| ゝ / .イ/l/‐V ,'    
        l l|. v|  トlfjマl≧V /ノ≦f汀テl/     
        | 八  Vゝ l弋tッ` ゝ{  弋tッ / /   
        l′ V V  ヽ. ̄   }`    ̄ / ∠}     
           V V ト`\   〈 ,    ノイ¨´     
              | ∧ {\    __    /       
            ノ ´ ヽl∧l\ ´ ー `  イ l\
               '  ゝ   、__ . ´ {/
                 }       {
ふぅ・・・
さて諸君、今日の劇、どう見た?

         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \    
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|    ./l!|
     /     `ー'    .\ |i 
   /          ヽ !l ヽi 
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <ドン!
               レY^V^ヽl

あんなもの内輪だけの盛り上がりだお!!!!



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       
 |    ( ●)(●)      
. |     (__人__)      
  |     ` ⌒´ノ      
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    

本編とは何も関係ないダンスと歌のOP、ED・・・
ネットスラングや、ネットネタだらけの会話・・・

ありゃあ分からない人は全然わからないんじゃないのか?

         ________
       /:.'`::::\/:::::\
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |    
   (⌒ヽ             |)    
    ( __     ( ∩∩ )    |    
      |  、_____  /    
      ヽ   \____/  /
       \        ./
         \____/

せやな・・・・でもな、客同士でこう言ってたで・・・・


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)、;;`.、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|! `ヾ;;`、 
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ、`ヽ. 〉;;`、
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;カ;}¨` ‐/.。;;;;;;i. 
. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;/ーヒ__f`"t~`i 
..{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;/       ,. /、_」  
. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/     , -‐‐ァ }'.   
 '、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|       `ー-' /     
  `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /.      
   、;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;|   ___/j
   、;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;|.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    };;;;;;;;∧;;;;;;;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{.
    j;;;;;;;j ∨;;;;;;;| l;;;;;;;;;;;;;;/i;;;;{ / ̄\
   i;;;;;;;;ノ   ∨;;;;| .|、;;;;;;;;;;;l `、;;|/'t:::::::::::::\
   /;;/=、.  \;;v' ∨;;;;;;;|  `、{ 〉:::u::::::F"

ネオ麦茶の芝居は、笑いあり、涙ありで感動だよね~~!


           ,  "´
           / /
          / /          /
     -=三 /       / /   |  l
           //      / /    ハ |
    ー=ニ ィ     / ィ      /  ヘ|
         /  l |/´ ̄. ハ   /  / / ,l l |
           ' |. l | ヽ トヽ| ゝ / .イ/l/‐V ,'    
        l l|. v|  トlfjマl≧V /ノ≦f汀テl/     
        | 八  Vゝ l弋tッ` ゝ{  弋tッ / /    
        l′ V V  ヽ. ̄   }`    ̄ / ∠}     
           V V ト`\   〈 ,    ノイ¨´     
              | ∧ {\    __    /         
            ノ ´ ヽl∧l\ ´ ー `  イ l\
               '  ゝ   、__ . ´ {/        
                 }       {   

初めての客が
「それなりには楽しめた」・・・そういうことかな。

帰りに受付で、客の人数を聞いてみたんだ。

一日目の人数が・・・・・140人・・・。


           ,  "´
           / /
          / /          /
     -=三 /       / /   |  l
           //      / /    ハ |
    ー=ニ ィ     / ィ      /  ヘ|
         /  l |/´ ̄. ハ   /  / / ,l l |
           ' |. l | ヽ トヽ| ゝ / .イ/l/‐V ,'    
        l l|. v|  トlfjマl≧V /ノ≦f汀テl/     
        | 八  Vゝ l弋tッ` ゝ{  弋tッ / /   
        l′ V V  ヽ. ̄   }`    ̄ / ∠}     
           V V ト`\   〈 ,    ノイ¨´ 
              | ∧ {\    __    /       
            ノ ´ ヽl∧l\ ´ ー `  イ l\
               '  ゝ   、__ . ´ {/
                 }       {
そして今日は110人・・・
合わせて250人・・・僕たちの約2.5倍だ・・・


  / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)  
. |;;;;;    (__人__)   .
  |;;;    ` ⌒´ノ    
.  |;;;;        } 
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ  
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)
俺たちの血の滲むような特訓で98人・・・
奴らのノリで簡単に出来そうなやつ(実際、伊藤誠は移籍してから数日・・・)が250人・・・


      
   ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \    
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     
     \    |ェェェェ|    ./l!|
     /     `ー'    .\ |i 
   /          ヽ !l ヽi 
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <ドン!
               レY^V^ヽl

ふざけてるお!!!!!!!


             >―:::::::::::::::::::::::V::<
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゝ---‐彡'´:::::::::/::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ̄//:::::::/::/l:::::l::|:::ヽ::::::::ヽ::::::ハ
    ー=ニ:ィ::/::l:/::/::::/:::::l:::\::ヽヽ::::l::::::::l
.        /::;l:/-イ:l、:::::::::::/l::/l:∧::::}::::|::::::、\
       l::/'l:::::::::::トl_ヽ:::::///zl左∨:::::l:::::::::::‐≧-  
       l:{ ゝ::::::::{代fjヘ:{/´ 弋チ, }::::メテ:≦≠-   
       `ゝ ヽ::l:::≧= }`    ̄ ノィ/´::l/        
           j/ヽlヘ  丶       彳!:/          
          ´  l´ ヽ、' ⌒  /ノィk1
               />‐ 彡 ´ ̄  〉
              {:.: ̄ ̄   .:.:.:.:.:└
ああ、ふざけているさ。
だがそれが「客の選択」でもある・・・


::|     ! /-| |       ヽ   ヽ ヽ  ト、ヽ
::|:   /|. |  |. |       /ハ    ', li  i ', i
:::!. /  ! |  ,l. |==―`   | !_ -  ̄}i li  |. i |
:::|´    i |/ l |  .i    _.v:イ:.:.:.:./ |. | !. | i|
::::!.   /i.|  _.斗- マ ̄:.Y´ `くハ:.:./  | | i. |  |
::::|   _ -i|二 -‐七チ`:.:.fノ   ` く_  .| ! |/
:::::|=<_:.:.:.:.i|´`:.:.:.´i|:.:.:./      ノ  !|
::::::!    ―|――- - ´     r イ  /       
::::::|                  >       
::::::|\               ,. ´〉
:::::::!  \           /   イ
:::::::|   \              ',
::::::::!     \               }
::::::::|       ゝ _        イ
:::::::::!      ー―- ニ= ―― ´:.:! ̄  - _
:::::::::|     - 二ニ -イ:::::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::-
::::::::::!          :|::::::::::::::::::::::::::.:i:::::::::::::::::::::::::::::::` 、
::::::::::|           ト、:::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

で、アンタはどう思ったんだい?セイエイ。



           ,  "´
           / /
          / /          /
     -=三 /       / /   |  l
           //      / /    ハ |
    ー=ニ ィ     / ィ      /  ヘ|
         /  l |/´ ̄. ハ   /  / / ,l l |
           ' |. l | ヽ トヽ| ゝ / .イ/l/‐V ,'    
        l l|. v|  トlfjマl≧V /ノ≦f汀テl/     
        | 八  Vゝ l弋tッ` ゝ{  弋tッ / /    
        l′ V V  ヽ. ̄   }`    ̄ / ∠}     
           V V ト`\   〈 ,    ノイ¨´     
              | ∧ {\    __    /         
            ノ ´ ヽl∧l\ ´ ー `  イ l\
               '  ゝ   、__ . ´ {/        
                 }       {         
台詞は読み込んでない・・・
動きはバラバラで役者の息が合ってない。

脚本の構成もめちゃめちゃ・・・
ただ、その場のノリとアドリブだけで
やっている裏づけのない「おままごと」だ。

あんなものは演劇ですらない。
あんな場所に「カタルシス」はない。


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.  
   |    (__人__)    |    
   \    ` ⌒´    /
   /              \

(そうだお・・・カタルシスだお・・・大事なことを忘れていたお・・・)



----

↑ここら辺は、今まさにノベマスが直面している問題ですね。

ただ、『ニコニコ動画』+『アイドルマスターの二次創作動画』という面も
考慮する必要がございますので、
一概に一緒くたは出来ませんけれども。

----

場面3(前)

           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ   
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,   
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }   
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ     
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {  
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ 
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }   
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,.     ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"        | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
          {ヽ  "      ..| .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !
今までの下積みは全て忘れてもらおう。
人は、演技を訓練で機械的に作らなくても、

自覚してないところで
面白い「素顔」を持っている。


           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、 
.   ,r'"                       ゙、  
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ    
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,   
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ     
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {      
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }     
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   _,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  < ,.-''´     | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ.  ´      |.|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.||      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !
たしかに表面的演技の稽古でも演技は身につく。
しかし、それはその人間自体を無視して
外側に貼り付けただけの人工物にすぎない。

「表現をする」というのは・・・
自分の知らぬ自分を「自覚」するということだ。


            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.  
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i  
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !  
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|  
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l

「自分の声をつくる」っていうのは
自分の声を「自覚」するって言うことなんです。

初めて聞く自分の声の響き・・・
とっても気持ちよかったでしょ?

----

↑ここで出た『素顔』あるいは『自分の知らぬ自分』が、
小説でいう『テーマ』に当たるのではないかと、勝手に思い込んでみます。

自覚していない自分を突き詰めて、自身が得た知識や経験をその『自分』に通すことで
小説は小説になっていく――と、独断と偏見。

----

場面3(後)

           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ   
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,   
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }   
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ     
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {  
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ 
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }   
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,.     ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"        | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      ..| .|      } ト)    ヒ`ゝ 
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ 
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |                 

だが、それだけでは足りない。
それを引き出した上で・・・・・・

役者はさらに表現を重ねなければいけない
それが出来なければ・・・・
役者はあらゆる演技に対応できない

----


創作技法は、ただあるのではない。
と思いましたね。

『自分自身』を、ただ出していくのでは、相手に伝わらない。
そのジャンルそのジャンルに即した技法を学んでいかなければ、
伝えたいことも伝えられないと。

学ぶことは大事なのだな……と、そんな事を思いました。

感性だけでは足りないのよね。
いろいろなジャンルに対応していくには、学ばないとっすね。

----

というように、かなり強引にこじつけてしまった感は否めないですが、
ただそんなに外れてもいないと思うんですよね。

特に演劇は、詩や小説の大兄貴分に当たりますので、もし行き詰った時には
根本的な創作のヒントになるのではないかと思うのですよ。

――みたいな事を思わせて頂いた『やる夫が舞台俳優を目指すようです』は、
読み物としても非常にレベルの高い面白い話ですので、お勧めします。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fpierre.blog55.fc2.com/tb.php/44-202c1532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

現在時刻

ブログ内検索

訪問者様

プロフィール

ぴえーるP

Author:ぴえーるP
ぴえーるPという者によるブログです。
ニートと社会人の境界線を突っ走りながら、ノベルの投稿やアイマス動画をアップしております。

執筆・動画ともに、まだまだヒヨっ子ですが、よろしくお願いいたします。
m(__)m

----

『さよならフェアリー』という、
アイドルマスターの二次ノベル動画を、
ニコニコ動画にて何本かアップしております。

961プロという、ライバル事務所のお話です。
短編もあるよ!!
↓こんな感じです。


↓ニコ証に登録しました。

最新コメント

ブックマーク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ニコニコ (39)
雑記 (4)
未分類 (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。